09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

やんばる島豚

2009.11.10 (Tue)

やんばる島
豊橋のリストランテ・フラスカティのシェフのご紹介で沖縄から「やんばる島豚」を仕入れました。
沖縄在来種のアグー豚は一説には本来のものは200頭程しかいないそうです。そのアグー豚にきわめて近い品種の銘柄豚がこのやんばる島豚です。今回はご覧の肩ロースとフィレを仕入れました。他の豚より肉が赤く、味が濃そう。楽しみな食材です。

今現在、当店がお付き合いさせていただいている食材業者さんは、ほとんどすべてこちらからコンタクトを取り、取引を開始させていただいた業者さんです。それは今回のように諸先輩の紹介だったり、雑誌やネットからの情報や時にはお客様からの情報だったりします。そこから開始して無理も利いてもらえるような関係を築いてきました。業者の方にはとても感謝しています。
このご時世、色々な売り込みやセールスが飛び込んできますが、なぜか長いお付き合いになることはほとんどありません。自分も前の会社では長くセールスをやっていて、飛び込みもずいぶんしましたが、この業界の飛び込みはなぜか首をかしげることが多いような気がします。
数年前、ある方が飛び込みで来店し「うちの製品を使用してくれないか?」「通常では出ない部位を、わかっている方に使用していただきたい。」という依頼です。その頃当店はプリフィックスのメニュースタイルをとっていましたので、使うにはメニューを変更しなければなりません、どれくらい確保していただけますか?と、確認して取引を開始しました。なかなかお客様の反応もよく二度目の注文の時です。「あれは、プロの方にとても評判がよく売り切れました。」との返答。約束した量の幾らも使用していません、あきれて物が言えませんでした。その方はその道一筋の職人で商取引の慣習に疎いというわけでなく、とある業界でセールスで鳴らしていたとのこと、僕と同じように脱サラして海外修行をして工房をはじめ、今では業界では有名になりお弟子さんを何人も育てている方です。二度とお取引していません。
とある、野菜の売込みではサンプルを置いていき、感想を聞かせて欲しいとのこと、正直に当店がこの野菜を使用するならどうするか、また、他の生産者から取り寄せている同じような品種の今使用している野菜の説明から、もう少しこうしたらよいのではとの意見をメールしました。(なぜか、サンプルを届けた後はメールでのコンタクトを希望されました。)その後、コンタクトはありません。
また、先日は飛び込みで農産物の売込みが在りました。「サンプルをもって来ました、使ってもらえないですか」とのこと、しかし当店は今現在他の生産者さんに依頼して栽培していただいてる事情を説明しました。するとあっさりサンプルを持ってお帰りになりました。なんてウブな売り込みかと。特徴と自信のある生産物を売り込みにきて、その先が今までそのようなものにまったく興味がないような相手に、その価値を解ってもらって取引を開始できるもでしょうか?今現在、他者と取引しているような先にこそ、価値を理解してもらえる可能性があるのにと思いました。

えらそうなことを書きましたが、当店は常にアンテナを張っているつもりです。商材がよいだけでなくよい関係が築ける業者さんや生産者さんとの取引は是非こちら方お願いしたいと思っています。
スポンサーサイト
22:34  |  本日の仕入れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://forchetta.blog16.fc2.com/tb.php/704-0e509d94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。