09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ペポーソ

2008.02.26 (Tue)

飛騨牛の脛肉を使ってペポーソを仕込中です。
peposo1

ペポーソはフィレンツェ周辺のどちらかというと素朴な煮込み料理です。特徴はたっぷりと使う黒胡椒で、トスカーナ料理にしては珍しくとてもスパーシー(辛口)なお皿です。
少しまえTVで紹介されていた名古屋のお店の料理にこのぺオーソが出てきました。それはぶつ切りにしただけの牛肉に赤ワインを注ぎ、たっぷりの胡椒に、これもたっぷりのニンニクを丸ごと入れて煮込むという、とてもワイルドな仕立ての料理でした。
・・・・・これ、ちょっと目から鱗気分です。そうか、この料理はもともと肉体労働者の間で造られた料理と聞いたことがあり、リストランテの上品なお皿でなく、もっと力強い味わいがいいのかもと・・・・。
そこで、さっそく少し改良してみます。赤ワインの風味を強調するように入れていたトマトホールの量を減らし、ニンニクは少し多めにし黒胡椒にグリーンペッパーも追加。

peposo2

完成です。写真では判り辛いですが、以前より濃い目の色合で、少しパンチの効いた味になったと思います。普通はセコンドピアット(主菜)なのですが、当店では手打ちのタリアテッレのソースで使用します。マイナーチェンジしたペポーソをお試し下さい。
スポンサーサイト
15:17  |  Primo piattoプリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://forchetta.blog16.fc2.com/tb.php/414-e9c00694

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。