07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

福耳ピーマン

2011.08.28 (Sun)

11827福耳仕込

最近、マイブームの福耳ピーマンです。これはジャコと福耳ピーマンのトマトソースを仕込み中。


11827福耳パスタ

こちらはおまかせコースの「ボタン海老と福耳ピーマンのタリオリーニパスタ」です。

福耳ピーマンはしし唐を大きくしたような、万願寺よりも大きいくらいな南蛮の仲間。すこし青味があり、さわやかな香りと苦味が気に入っていまが、当然たまに辛い当たりがあります。・・・・それにあたったら、ご容赦を・・・・。


お知らせ

8月30日(火)から9月1日まで夏休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、またのご来店をお待ちしております。
・・・・・予定ではフェルメールを観て来ようかと、9月4日までの名古屋のレンブランドは観れそうもありません。残念。
スポンサーサイト
21:38  |  Primo piattoプリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

本日の前菜盛り合わせ

2011.08.24 (Wed)

11822本日前菜森

前菜盛り合わせです。

温泉卵とトリュフ塩
茗荷のキッシュ
トリデンテさんおモッツァレラチーズを詰めたズッキーニのたこ焼き風フリッテレ
お米の形をしたパスタ・リゾーニのインサラータ
オレンジとアーモンドのインサラータ
トウモロコシとグリーンピースの二色ムース
スルメイカのサラミ風
ロッセ豚のポロシュートコット(加熱ハム)
・・・・・です。

お知らせ

8月30日(火)から9月1日(木)まで夏休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけします。
09:51  |  Antipasto前菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コースから

2011.08.23 (Tue)

最近のおまかせコースから

1189平目前菜

平目で巻いた海老のフラン、地野菜のカポナータとアメリケーヌソース添え

11822松茸リゾ

三種のトウモロコシのリゾット、北米産松茸添え

北米産の待つ松茸が入りましたので、リゾットに仕立てました。甘味の強い未来コーンとホワイトコーンに、間引き時にでたヤングコーンと龍の瞳(お米)でリゾットを作り、バターと相性が良い北米松茸を軽くソテーして香りを立たせて添えてあります。

昨年はこの飛騨でも松茸が豊作でした。今年はどうでしょうか?夏ですがそろそろ、秋を思うような季節になってきました。
09:38  |  Antipasto前菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

お米のジェラート

2011.08.17 (Wed)

11817レッドぶる

おかげさまで今年のお盆はとても忙しくさせていただきました。何分、二人で営んでいる小さな店ですので、大変心苦しいのですがお断りしたり、何かとご不便やご迷惑をおかけしたと思います。
料理写真も撮れたのがこの一枚だけ・・・・・

11815ジェラート


お米・龍の瞳のジェラートと飛騨桃です。
お米を牛乳でお粥の様に炊き、ジェラートにしました。粒粒としたお米の食感が楽しいジェラートです。


22:23  |  Dolce ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

石原さんのスイカ

2011.08.05 (Fri)

11731スイカぐらにて

今回の番組で協力いただいた、石原さんのスイカでグラニータを作りました。今シーズンも伝助スイカです。

それに昨夜は自分が出演させていただいた、BS日テレの「スペシャリテ紀行・皿の上の物語」が放映されました。
毎週木曜日の22:0からのこの番組は以前からとても楽しみに視聴させていただいていたのですが、まさか自分が出演させていただくことになるとは・・・・5月の始めに突然の電話から始まり、下見やロケハン、五日間かけた実際の撮影からその後のメールや電話での確認のやり取りなど、小さな店を営む自分たちにはとても大変な日々でした。
地方のレストランの調理人を紹介しながら、その街や生産者も紹介するのがこの番組。飛騨や高山はいまさら自分が紹介するまでも無く、十分有名で、そのよさも広く知れています。番組の中でも語られていますが、思いつきのようにイタリアに渡り、わずかな修行で始めてしまった店が続いてきたのも、この飛騨高山で営業したからと思います。あらためて今更ながらに思うのは、何の経験もない自分を受け入れ、親切にしてくれたイタリアの人たちをはじめ、この高山のお客様や、生産者、業者さんなど、その人たちへの恩返しは、これからも地道に細々とですがこの店を続けていくことかなと考えた、今回の経験でした。
22:34  |  Dolce ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。