06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

電気工事開始

2009.07.18 (Sat)

7.17電気工事

今日の現場です。柱もたち、少しずつ間取りが実感できるようになってきました。

今日から電気工事の業者さんが入っています。ただでさえ、店舗の場合配線が多いのでしょうが、特に今回は電化厨房のため配線もかなりです。

そして、さっそくトラブルです。当店の電話はS社なのですが、これ移転には4週間前の申し込みが必要、しかも申し込み後の変更はまた4週間後の工事日程になるとのこと、工事業者については保安機までの引き込みはNTT系の業者、内線は別業者です。二・三日前より、何度も確認の電話があったのに、当日現場での判断では一応工事を終了しますが、建物の完成後にもう一度機器の移設工事が必要とのこと。この再工事をS社に申しむのですがこちらの担当、あちらの担当で一から話をして、結局週明けの相談とのこと。
だいたい、4週間もまえに工事日程の予想をして申し込みしなければならないということは、工事日程に遅れが出れば中途半端な状態の工事になります。S社にしてみたらNTT主導の工事になるため、こういった方法になるとのこと、また移転と移設では申し込み部署もルールも変わるとのこと・・・・・何とかして欲しいものです。

重要なお知らせです。
現在、当店の電話はつながらなくなっています。近日中には開通させる予定です。ご迷惑をおかけしますが、緊急の連絡はホームページからのメールやブログのコメントにてお願いいたします。

スポンサーサイト
00:29  |  町家改修  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

工務店

2009.07.08 (Wed)

今回工事をお願いしたのは、弊店の開店以来のお客様の女性設計士さんのいる工務店(株)垣内組さんです。古民家再生を多くてがけ、銀座と青山の有名ステーキ店の内装も手がけています。・・・ここ赤い本で一つ星です。・・・・・

色々と無理も言いますが(素人が口だけでなく手も出すような)、女性らしい視点でアイデアやアドバイスをいただいて、毎日現場を覗くのが楽しみです。
そんな今日の現場で見つけた技。

柱継ぎ

まるで積み木細工のような柱の継ぎです。どの方向から力がかかっても大丈夫、といった感じです。

工事の方も順調そうで今日は土間のコンクリート打ちが始まりました。

土間打ち

土間打ち2

これで本格的に木工事が始まります。
19:30  |  町家改修  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

建具

2009.07.04 (Sat)

建具も出来るだけ既存の物を再生して使います。

建具

昔の建具はなんともいえない味があります。特にガラスは今の精度の良いものとは違い、なんとなく不均一な映り込みがあり良い感じです。
そんな建具を自分たちで古い障子をはがし、綺麗にしてさらに塗りなおしたり、磨き上げたりしています。最終の調整はもちろんプロの建具屋さんにお願いするのですが。

もうひとつ、実家にあるこれ↓狙っているのですが・・・

欄間

欄間1

格子の欄間です。亡くなった母方の祖父の作品です。祖父は京都で建具の修行をして後、岐阜県の工芸試験場に勤めていました。そのときに試験場に、ある堂の千鳥格子の修理の以来がありました。千鳥格子は一見するとただの格子ですがよく見るとこれどうやって組んだんだ?という匠の技の物です。当時はその業も廃れかけ、修復の当てがなく持ち込まれたようです。
その千鳥格子の修復にかかわった祖父の晩年のデザイン格子?の欄間、新しい店に取り入れたらと思うのですが母は「私が死んだらくれる。」といって手放しません。家の座敷にあるより沢山の人の目に触れる店に置いたほう思うのですが・・・・。とりあえず許可が出ないのでそのときが楽しみ・・・・・。叱られました。




09:22  |  町家改修  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

作業中

2009.07.03 (Fri)

工務店さんに無理を言って、自分たちでも出来る作業を手伝わせていただいています。

塗り

これは、床板を塗っているところです。

山中油

京都の山中油店さんより取り寄せた、弁柄や柿渋、工芸用自然油を使用しています。

yukaita.jpg

弁柄を塗った板と、その後油を塗って仕上げた板です。和よりちょっと洋よりの狙った仕上げになった気がしています。

カウンター柿渋

今度の店はオープンキッチンで一部カウンター席を設けます。そのカウンターは南アフリカ産のブビンガー材を設計士さんが手に入れてくれました。この木は硬く、家具やカウンターにはもってこいの木だそうです。これも自分たちで柿渋を塗ります。
09:24  |  町家改修  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。