08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

本日のピアットウニコ

2006.09.25 (Mon)

9.25uniko

明日のピアットウニコはフジッリパスタ秋鮭のトマト風味のクリームソースと鴨腿肉のテリーヌとサラダ。これに自家製フォカッチャとお飲み物をお付けして¥1.000の税込みです。
スポンサーサイト
14:31  |  メニューより  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋は何を植えようかな?

2006.09.24 (Sun)

トマトもそろそろ終わり、今生っている実が赤くなったらそれが最後の収穫になりそうです。
今はからし菜とからみ大根を育てています。
からし菜はサラダにするとほんのりとしたマスタードの香りがして、鶏や牛肉の付けあわせにもあいそうです。辛味大根は新そばがでる頃に収穫できればと楽しみにしています。辛味大根が出来たら久しぶりに手打ちそばに挑戦してみるつもりです。以前、結構凝っていた時期があり、食べさせた友人には好評でした。

からし菜
からし菜
からみ大根
辛味大根
15:56  |  メニューより  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

神戸と京都旅行3

2006.09.22 (Fri)

パソコンのモニターが壊れました。メーカー保障で無償交換できたのですが、今年は機械物にツキがありません。
年始めにネット接続に問題がでて原因究明と修理に2週間ほどかかりました。春には店のメインエアコンがお亡くなりになり、交換。
夏前には店の前に駐車してある自家用車が当て逃げされ、板金修理。この車は今現在、屋根が開かなくなり修理のため岐阜へ十日間の出張中。そして今週はパソコンのモニター。
そのつど、保険やメーカー補償、業者さんの好意と努力で事なきを得てますが、あと三ヶ月ほどの年末までこれ以上のことがないように祈る毎日です。

と言うことで、神戸・京都、最終日。
朝一で京都市立美術館でルネッサンス展を鑑賞。ギリシャ美術の彫刻がメインでした。そのあと錦市場。昼食は前回に続き木屋町の料亭。
案内された個室は前回と同じ部屋、床の間の軸を拝見すると栗と団栗、平目の絵柄、嗣治のサインがあり聞くとやっぱり藤田嗣治画伯の作品。ちょっと得した気分。
菊の井1
前菜、カマスの炙り寿司、鯛の利休和えなどがよいお味でした。
お作りに鯛とシビ。刺身が美味しいのは当然なのですが、あしらいの菊の花の酢の物やツマまで美味しいこと。椀物は湯葉饅頭。
菊の井2
鴨茄子の冷製。ジュレのおだしが美味。
揚げ物などのあとユリ根のすり流しのお汁に、栗とお芋のごはん。
菊の井4
デザートはアールグレイのシャーベットとイチジクのコンポート。
食後は近くのデパ地下でお買い物して、同行者のリクエストで二条城を観光して岐路に着きました。
15:02  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

神戸と京都旅行2

2006.09.18 (Mon)

神戸二日めは、午前中とあるメーカーを訪問見学して、昼食はイタリア時代の友人が昨年開いたレストラン「リストランティーノUZU]にお邪魔しました。
彼は大阪の某有名レストランで長く勤めて渡仏の機会を狙っていましたが、その頃もうフランスのビザ取得がとても難しくなっていた等の事情から、いったんイタリアで勉強してからフランスへと考え渡伊しましたがイタリア料理にはまり、現在は前の職場で見つけたすらっとした美人でソムリエーヌの資格を持つ奥様とイタリアンのお店を開業しています。
・・・・ちょっと羨ましいぞ~。
場所は六甲道の駅近くの住宅街と言えるような場所です。
前日のチェーナ(ディナー)に行きたかったのですが休みとのことでプランツォ(ランチ)でうかがいました。

サーモンと帆立の冷製、サラダ添えの前菜をいただき
うず2
サンマと自家製ドライトマトのパスタ
セコンドに僕は、
うず3
沖縄産寿豚のグルーリア
奥さんは
うず4
子羊のスネ肉のトマト煮込み
ドルチェは、フォンダンショコラとバニラアイスでした。
満足の食事と会話の後、雨の高速で京都へ、夕刻ホテルへ到着。
近くの甘味所、梅園さんでおやつ、以前もいただいたのですがここの蕨餅の食感と小豆のほんのりとした炊き加減と甘さに旅の疲れも癒されました。
夜は雨の中京都の町をぶらぶらしながら、老舗の鰻屋さん。
前回と同じホテルでしたが前から目をつけているラーメン屋さん今回もおなか一杯でいけませんでした。
15:57  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

神戸と京都旅行1

2006.09.17 (Sun)

9月の12日~14日の二泊三日にて神戸と京都に行って来ました。
少し遅い夏休みです。イタリアの時の友人が開いたレストランと、神戸のある会社への訪問が目的でついでに京都でもう一泊という日程でした。

オークラ神戸

神戸ではこのホテルに泊まりました。ロケーションもよく、サービスもさすが歴史のあるホテルの系列だと思いました。
神戸3
窓の外の見事な夜景です。


11時前に神戸に到着、ホテルに車を置かせてもらって、三宮で洋食屋さんの昼食、午後、北野の異人館街を観光して、夕食はホテルのコンシェルジュに予約していただいた南京町の理牡丹園別館にて中華料をいただきました。皮付き豚バラ肉の焼き物と牛肉とそのアキレス腱の煮込みが特に美味でした。

神戸5
三宮で見つけたショップ、ここは何処?
神戸7
おなじみ風見鶏の館


神戸2

ホテル近くにある震災跡を残してある公園です。僕は震災前の神戸には旅行会社にいた関係でプライベートも含め何回か訪れていますが、実に十年以上ぶりの訪問でした。
以前の街の記憶はあまりなかったのですが散策を続けていると、昔訪れた店が店構えは変わっても今でも営業しているのを見つけたりして、ナイショの思い出も少し懐かしく思い出したりしました。
15:59  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

メディチ家の墓をあばく

2006.09.10 (Sun)

メディチ家の墓をあばく―X線にかけられた君主たち
ドナテッラ リッピ クリスティーナ ディ・ドメニコ Donatella Lippi
4560026181

「メディチ家の墓を暴く・X線にかけられた君主たち」先日読んだ本です。
ご存知のとおりメディチ家は14世紀から約三世紀にわたってフィレンツェを支配し、一族からは教皇を出し、カテリーナやマリアをフランス国王に嫁がせるなどヨーロッパ全体の歴史にも影響を与えた一族です。またフィレンツェに訪れるとその多くの名所がその一族ゆかりのものであり、この一族がもたらした文化、芸術面の功績も実感できるところです。
この本は2004年より始まったプロジェクトメディチというこの一族が眠るメディチ家の礼拝堂の再発掘と遺骸の科学的調査の途中経過をまとめた本です。
この繁栄した一族にも死にまつわる原因については謎や噂があります。そこで遺骸を調査することによってその死因や病歴がわかり、そこから当時の大公の生活様式を推測することが出来ます。それによってこの一族の多くが通風に悩まされたといわれる通説はすべて真実ではなく、コジモ一世などは武勇にも秀でた偉丈夫な体の持ち主だったらしいとか、ジョバンニ・ディ・バンティネーレの足の手術痕を調査することによってわかる当時の医療技術の水準や、フランチェスコ一世とビアンカは本当に毒殺だったのか等の歴史の謎。など、このプロジェクトで明らかになるかもしれないことは数年先となる調査の終了と報告を待たなければなりませんが、それらがとても楽しみになる本です。
15:14  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

定休日の変更

2006.09.09 (Sat)

今月より定休日を変更させていただいております。
今までは火曜日定休でしたが、これからは木曜日と月一不定休となります。理由は活魚などここ数ヶ月、仕入先や方法の変更をしたところ今までの定休日では不都合が出てきたためです。お客様にはご迷惑をおかけしますが、よりよい食材を使用するためとご勘弁下さい。
また、今月よりランチにピアットウニコを始めました。イタリア語のピアットウニコは一皿で充分な食事となるような料理のことを言います。
当店では一皿に、日替わりのパスタ、お料理、サラダ、他に自家製フォカッチャとお飲み物をセットにして¥1.000です。
ちなみに本日は、キャベツとカツオの酒盗のスパゲッティ、香草パン粉を巻いた鰯のオーブン焼き、オレンジとアーモンドのサラダでした。
ピアットウニコ

15:08  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ウズラのロースト

2006.09.05 (Tue)

うずら

今月のセコンドピアットより
「ゴルゴンゾーラチーズのリゾットを詰めたウズラのロースト、ハチミツのソース」
フランス産のウズラの骨を抜いて中にゴルゴンゾーラチーズのリゾットを詰めて表面を焼きます。
自家製生ハムをのせてオーブンにいれ、ハムの香りと味を移しつつ火入れします。ソースはハチミツをカラメリーゼし、マルサラ酒とガラでとったジュを加えて煮詰めました。もちろん赤ワインとごいっしょにどうぞ。
14:14  |  Secondo piatto 主菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

IHクッキングヒータ体験

2006.09.04 (Mon)

中電セミナー2

昨日の日曜日は毎年恒例、中部電力様の「IHクッキングヒータ体験セミナー」の料理講師をしてきました。今回は親子クッキングということで可愛らしいお子さんもいっしょです。
メニューはトマトソースのニョッキ、トマトのブルスケッタ、青海苔のゼッポリーネの三品を作りました。
10110002.jpg

中電セミナー3

中電セミナー4

皆さんお子さんが積極的で、ニョッキなどは粘土細工よろしく、いろいろな形があったりでこちらも大いに楽しませていただきました。
15:59  |  お店の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

本日入荷の

2006.09.02 (Sat)

フエフキダイ

高山もここ数日前より朝晩は肌寒いと感じるようになり、なんとなく夏も終わりを感じます。また気候だけでなく入荷する食材でも秋が近いことを感じる季節になりました。
富山湾では今週末より底引き網漁が始まったそうで、入荷する魚の種類も増えてきました。今回はフエフキダイが入荷しました。見た目もおもしろいですが、白身でムニエルやソテーに美味しい魚です。
毎年恒例お楽しみの茸、フンギポルチーニも入荷しています。
また、毎日のパスタを打つ作業でも、夏の間は卵の黄身が薄く苦労しましたが、少し涼しくなったおかげで鶏のストレスが軽くなるのか、よい状態の卵が増えきました。また粉は夏の湿気がなくなり、卵も少し多めに入れて加水率を調整するようになってきています。
来週には、秋の味覚という企画の広告撮影も控えています。
秋は食材も楽しみな季節ですので、どんなメニューを組もうかと毎日考えています。
16:03  |  本日の仕入れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。